2013/08/29

東急エージェンシーさんに読んで頂いてブレイクスルー講義。
街と森の話、8つの思考ロジックなど、ヒカリエやB&Bなどで話した内容を話しましたが、
今回はそれに加えて、チームでどのようにブレイクするか=チームブレイクスルーについて
結構つっこんでいろいろとお話しさせて頂きました。

いつも最後にブレイクスルーのデコンストラクションをクイズ形式でやるのですが
いままでやってきたセミナーの中で、もっとも正答率が高く、「さすがだな」という感じでした。
ご参加頂いたみなさんありがとうございました。お疲れ様でした。

東急エージェンシー

このエントリーをはてなブックマークに追加

Check

Clip to Evernote

関連記事

    None Found

コメント

磯部様
ありがとうございました。
デコンストラクションという言葉を聞いたのは久々でした。
破壊ではない分解という意味で使っていらっしゃるような気がしましたが、デリダ的な意味もあるのかしら? なんてどうでもいいことを訊いてしまいます。

2013/08/29 21:50 | ふくはら

さすが福原さん。おっしゃる通り、「デコンストラクション」(脱構築)はデリダの言葉ですよね。
ポストモダンの流れの中の概念だと理解してます。そこらへんは福原さんの方がお詳しいと思いますが。

デコンストラクションという言葉はその後
経営学に置いては(多分デリダの用語を借用する形で)
BCGがサプライチェーンマネジメントの再構築という意味で使われるようになりました。

また、広告業界では広告表現の構造分解というくらいの意味で使いますね。
アカウントプランニングが日本に入ってきた時に同時に入ってきたというのが僕の認識です。
つくられた表現を見て、それがどういう風に構築されていったか、つまりどのようなクリエイティブブリーフが
もとにあったか逆回転する作業でもあるのでrewindとも言います。

2013/08/29 22:27 | admin

ありがとうございます!知らなかった!
浅学を恥じたいと思います。
それにしてもデリダ的用法とはまるで違うのですね。う~む、アメリカ的ですな。
RSSにて購読させていただきます!
お礼は別途考えます!w

2013/08/30 06:44 | ふくはら

コメントの投稿

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL: http://www.isobekoki.com/%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc/2114/trackback