2011/10/11

スクリューフレーション
中産階級の貧困化(skrewing)+インフレ(inflation)の造語。

この言葉/概念は重要というか、
今後よく聞くことになると思う。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/naga/pdf/n_1109a.pdf

アメリカでまさに起こっている事態で、
永濱さんの分析では、日本でも起こっているという。

企業は最高益を出しているが、労働分配率は低下し
サラリーマンの収入は低下。

一方、新興国の成長によって、エネルギーや食料需要が高まり
価格が高騰。輸入する日本の生活必需品価格はエネルギー、食料価格に
強い影響を受けるので、物価高騰=インフレ傾向。
(贅沢品の価格は低下してるけど)
また、本来日本からの輸出品である電化製品のようなものは
新興国でも生産できるようになり競争が激化し、価格低下。
これがまたサラリーマンの給与に響く。
と、いう構図。

今後も、この現象はウォッチが必要。
同じようなことが、先進国で同時に起こっていることがミソ。
その構造については、また追々考察したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Check

Clip to Evernote

コメント

うむ、確かにこれからたくさん聞くことになりそうな。ウオッチお願いします。

2011/10/11 15:13 | うさぎ

たしかに。 中流階級の脆弱化は良く聞くが、この造語は初めて聞いた。

2011/10/12 13:58 | のぼりーぬ

コメントの投稿

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL: http://www.isobekoki.com/%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%b8%96%e3%81%ae%e4%b8%ad/1602/trackback