2011/07/25

西武ドームコンサート。
最終日行ってきました。

SKE、NMBや研究生をあわせて150人余りのステージ。
特に最後のシングル曲の連続の所はさすがに圧巻でしたね。

観客は、10代、20代、30代男子のコア層が7割くらい。
あとは女子同士や親子連れ(特に娘を連れたお父さん)がそこそこ。
コアなファンにとっては、ドームが広すぎて、しかも初心者も多い感じだったので
ちょっと物足りなかったのかもと思いましたが、どうなんでしょう。
まあ僕は初中級者なので、楽しめましたが。

「人」という側面で個人的に感じたことを2つ,3つ。
メインどころのことを書いても普通のことを書いてしまいそうなので、ちょっと別で。

梅ちゃんが総選挙22位だったことでアンダーガールセンターになり、いわゆる選抜を除いては
最も目立つポジションになっていて、輝いていたなあ、チャンス得てよかったなーとか。

あと大きな舞台では、秋元才加ってさすが存在感、オーラ出すなあとか感じて。
AKBという中では、ちょっと異質な男子キャラっぽい位置づけですが
他の世界に羽ばたけば、もっといい感じになれるんじゃないかと思ったり。

横山が最近昇格なのに、すごいなじんでいて、すごいなとか。

僕は、峰岸みなみとか宮沢佐江とか倉持明日香とか、気になるんだけど、
こういう舞台では、なかなか図抜けた見え方がしなくて難しいモンだなと思ったり。

あと「曲」という側面では、いわゆる最近のシングル曲以外で、
今回聴いて良かったなあと思う曲をいくつかyoutube貼り付け。

「チームB推し」 すごい盛り上がりだった。僕も徹夜仕事でめげそうなとき聞いてる。なんだか元気になる。

「波乗りかき氷」 ユニット曲としては大島優子のいいところがすごく出る曲だと思った。

「夕陽を見ているか」 ファンの間では、名曲って言われてるんですね。

「1!2!3!4! ヨロシク」 この曲を磨いて、AKB「会いたかった」に相当させるのが、SKEの成長かと。

「言い訳Maybe」 なんだかすごく楽しそうだった。メンバーの人も好きな曲なのでは。

最後に「エンターテインメント」として見た場合。
これだけ、キャラが揃っているんだから、もっともっと企画性を入れた演出とか、
やれたんじゃないかと、勝手に思ってみたり。

なんか、150人の大所帯を入れ込むのに精一杯という感じがなきにしもあらず。
まあ、それも含めて計算して、「いまはこういう見せ方の段階だ」と考えているんでしょうね。

でも、とても楽しめた週末でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Check

Clip to Evernote

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL: http://www.isobekoki.com/%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f/1264/trackback