手書きの戦略論のタグのついた記事を表示しています。

2017/03/03

博報堂時代の大先輩、國田さんが
『人を動かすマーケティングの新戦略 「行動デザイン」の教科書』(すばる舎)
という著書を出されるにあたって
昨年11月に下北沢のB&Bで行ったトークショーを行いました。

その内容をアドタイさんにご掲載頂きました。

國田さん

これまでのコミュニケーションは「意識マーケティング」で
商品に対するイメージを提示し、理解してもらって
商品の購入などの行動に移してしてもらうものでした。
これだけ情報があふれるとその「意識」に入り込む自体が大変なこと。

そうでなく、意識の変化なしに、ダイレクトに行動を変えるのが
「行動デザイン」というアプローチ。
これからもっともっと事例も増え、研究が進む方向だと思います。
大変勉強になりました!

2016/11/09

読売新聞東京本社が制作する、広告に関する雑誌/情報サイトのojo(オッホ)の10月号で
取材して頂きました。

プランニングのことは磯部さんに聞いてみよう

http://adv.yomiuri.co.jp/interview/planner1610.html

僕が日ごろプランニングの際に心がけている
“足を動かす→手を動かす→心を動かす→頭を動かす”
のアプローチのことも書きました。

よかったらご一読ください。
%e8%aa%ad%e5%a3%b2ojo

2016/11/07

こちらは、5月にB&Bで寄藤文平さんと行った対談です。

手書きの戦略論の装丁、アートディレクションをして頂いた
寄藤文平さんは、とても博学にして、世の中を様々に深く洞察されている方で
僕はすごく尊敬しています。

コミュニケーション戦略の歴史と、デザインの歴史がクロスオーバーする対談となって
自分自身すごく刺激になりました。

磯部光毅×寄藤文平「戦略プランナーとアートディレクターによる“戦略史”トーク」
https://www.advertimes.com/20161017/article236377/

%e7%a3%af%e9%83%a8%e5%af%84%e8%97%a4

2016/10/27

こちらの記事は、7月の雑誌、宣伝会議で掲載された対談。

森永乳業株式会社のマーケティング・コミュニケーション部、部長の寺田さんと
お話をさせていただきました。

「マス」とのコミュニケーション、とひとくくりでとらえるのでなく、
一対一の対面でのコミュニケーションのエッセンスを増幅することで、多くの人とも
コミュニケートしていく。そのためにデジタル、データを上手に活用していきたいというお話をされていいました。

牛乳の宅配という、その企業の顧客コミュニケーションの原点からひも解いて
その企業らしいコミュニケーションの在り方を深く考えられていて
なるほどなという気付きをいただきました。

誌面に掲載されたのは一部。話の尽きない対談で、すごく知的刺激を受けました。

森永乳業 寺田文明×磯部光毅「広告主の課題意識は、広告戦略からコミュニケーション戦略へ」
https://www.advertimes.com/20160708/article229452/

%e6%a3%ae%e6%b0%b8%e4%b9%b3%e6%a5%ad%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%af%ba%e7%94%b0%e6%b0%8fx%e7%a3%af%e9%83%a8

2016/10/26

今をときめくクリエイティブエージェンシーSIX。
代表の野添くんとは、サントリーのJIM BEAMや、トヨタの86、G‘sといったブランドの仕事を一緒にやっています。

6月、雑誌ブレーンの企画で「手書きの戦略論」を下敷きに、「戦略」に関する対談をしました。

クリエイティビティを発揮するためにこそ、戦略の「型」の理解が大切だよね、ということは
よく言われていることかもしれないけれども、彼のようなトップランナーと話をすることで
改めて再認識でき、勉強になりました。

雑誌ブレーンの記事ですが、こちらアドタイで全文読めます。
磯部光毅×野添剛士「戦略の『型』を知っているから、プランニングが自由になる」
https://www.advertimes.com/20160628/article228267/

%e7%a3%af%e9%83%a8x%e9%87%8e%e6%b7%bb

ホントに遅ればせで恐縮ですが。
「手書きの戦略論」関連のWEBコンテンツを何回かに分けて
紹介しておきますね。

まずはアドタイコラム。
この5つを読めば、「手書きの戦略論」の概要がわかると思います!

「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略を学ぶ『手書きの戦略論』発売!期間限定コラムもスタート
https://www.advertimes.com/20160421/article223115/

“戦略迷子”にならないために、これだけは知っておきたい7つの戦略“流派”。
https://www.advertimes.com/20160422/article223120/

7つの戦略論をコンパクト解説 その1「ポジショニング論」「ブランド論」「アカウントプランニング論」
https://www.advertimes.com/20160428/article223734/

7つの戦略論をコンパクト解説 その2「ダイレクト論」「IMC論」
https://www.advertimes.com/20160513/article224560/

7つの戦略論をコンパクト解説 その3「エンゲージメント論」「クチコミ論」
https://www.advertimes.com/20160614/article227051/

2016/05/09

まだ若干ですが席が空いているようです。
27日今週金曜です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

手書きの戦略論の読者イベントやります!
第3回2

http://stpl-night5.peatix.com/

*************************************************************************

詳細
『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』を書いた磯部光毅さんの新著「手書きの戦略論」に、担当編集者であるブレーン副編集長・刀田さんがさらに切り込みます!
「手書きの戦略論」のざっくり解説から、割愛せざるを得なかった”幻の第8章”まで、「手書きの戦略論」をあますことなく知れる機会となるかと思います。
刀田さんからも「身近な人にしか話していないですが、磯部さんサイドのストーリーとは別に、私サイドの話もあったりするので…」と裏話の予告もいただきましたので、読者ならさらに深く、まだ読んでいない方にもお楽しみいただけます!
フリードリンク、フリーフード。美味しいフードやお酒とともにカジュアルにお楽しみください。
*戦略プランナーナイトのスピンオフ企画ですが、過去の参加者でなくても参加いただけます
以下、概要です!

【第1部】手書きの戦略論・著者×担当編集者対談
・まずはおさらい、手書きの戦略論!
ウォーミングアップとして、本の内容をコンパクトに解説

・このイベントだけのスペシャルトーク”幻の第8章”
 ホントは書こうとしていた、8つの戦略論をより実践的、具体的な内容を、参加者のみなさまだけにお伝えします!*SNSなどへシェアはお控えください

・磯部さんも知らない、担当編集者の裏話
刀田さんが、磯部さんにも話していない、これまで作ってきた本のこんな反省を踏まえて今回の本をこう作ろうと思った、とか、寄藤さんにお願いした理由などを出版の裏側をお伝えします!

・ぶっちゃけQ&Aセッション!
この本の内容に関して参加者のみなさまから寄せられたご質問になんでも答えます! みなさんで手書きの戦略論を深めていければと考えています。

【第2部】手書きの戦略論・大交流会
フリードリンク&フリーフード付き
参加者のみなさんで交流していきましょう。もちろん、磯部さんや刀田さんともお話いただけます。

【日時・会場】
日時:5/27(金) 19:30-23:00
会場:TOKYO SALONARD CAFE DUB 渋谷区道玄坂1-11-3 富士商事ビル2F http://goo.gl/HHCGBt)

【参加費】 5000円(第1部+第2部、フリーフード&フリーフード込み)
*基本は読者を対象としたイベントですが、まだ読んでない方でも楽しめます
*会場で「手書きの戦略論」の販売もいたします
*サイン希望の方はお持ちの本をご持参ください

*************************************************************************

堅苦しい講演でなく、カフェでやるフリードリンク、フリーフードのカジュアルな集まりなので、超気楽に遊びに来てください!

2016/04/29

「手書きの戦略論」発売に合わせて
宣伝会議さんのアドタイでコラムをスタートしました。

まだ全部で何回か決めてませんが
本の内容をコンパクトにお伝えしつつ、
マーケティング・コミュニケーションに関わる僕たちが
プランニングや働き方をどう変えていけるかについても
書いていこうと思ってます。

本を買おうかな?どんな内容なのだろう?と思われている方は
こちらのコラムをお読みいただくと感じがわかると思いますよ。

http://www.advertimes.com/20160422/article223120/

第一回のコラムは、アドタイコラムのランキングでいま一位のようですね。
ありがとうございます!
第二回も昨日アップしました。

よろしくお願いします!

代官山の蔦屋書店さんでセミナーやります。
5月、6月でいつつか出版記念のセミナーをさせて頂きますが
これがいちばんカジュアルでわかりやすく楽しになると思います。

まだ空きがあるそうなので、早めにどうぞ。

*******************************

「手書きの戦略論」発売記念セミナー 7つのコミュニケーション戦略とはなにか?
-あのヒット商品からアイドルまで、事例で解説!-
2016年05月26日(木)
蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/04/—.html

【参加条件】
代官山蔦屋書店にて、1998円(税込)のイベント参加券付書籍『手書きの戦略論/宣伝会議』を
ご予約・ご購入いただいたお客様に参加券をお渡しいたします。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
・店頭(1号館1F人文ビジネスフロア)
・お電話 03-3770-2525(1号館1F人文フロア)
・オンラインストア

【対象商品】
手書きの戦略論(宣伝会議) 1998円(税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の30分前からで入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

よろしくお願いします!

2016/04/21

いよいよ、明日、書籍の店頭発売です。
今後もいくつかセミナー、トークイベントなどもやっていくので
告知して行きます。

まずは5月12日に、下北沢B&Bで
この本の装丁をして頂いた寄藤文平さんとお話します。
チケット発売がスタートしたようです。
B&Bの告知分を貼っておきます。

本の装丁の相談をしに寄藤さんの事務所に行って、内容なども説明しながら
いろいろお話をしたのですが、それが思いのほか盛り上がりまして。
この対談企画につながりました。

この本は、コミュ二ケーション戦略の「実践書」の側面と、
「歴史書」の両面を持っています。
このトークイベントでは「歴史書」の側面からディープに語ることになります。多分。
そういったことにご興味の方、ぜひ、どうぞ。
もう少しベーシックな内容のセミナーもいくつかやります(もうすぐ告知できそうです)ので、そういったものがよい方は、もう少しお待ちください。

http://bookandbeer.com/2016/05/12/

***************************************

磯部光毅×寄藤文平
「コミュニケーション戦略の70年史、俯瞰したら何が見えてくる?」
『手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略』(宣伝会議)
刊行記念

4月22日に、宣伝会議から『手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略』が出版されます。

この本は、戦略プランナー磯部光毅さんによる、月刊『宣伝会議』での好評連載「手書きの戦略論」を書籍化したもの。コミュニケーション戦略を「人を動かす心理工学」と捉え、併存するさまざまな戦略・手法を7つに整理し、俯瞰的に、わかりやすく伝える、実践的な内容となっています。

今回はこの本の刊行を記念して、同書の装丁を担当されたデザイナーの寄藤文平さんをお迎えし、コミュニケーション戦略のプロフェッショナルである磯部さんに、

「金融工学が広告マーケティングに取り入れられて、アドテクノロジーが生まれた?」
「脳科学研究が、コミュニケーション戦略にもたらした変化とは」

などなど、マーケティングやコミュニケーション戦略、広告をめぐる歴史と変遷をじっくりとお話いただきます。

業界関係者はもちろん、広告やコミュニケーションに興味のあるすべての方が楽しめる内容です。ぜひお見逃しなく!

【出演者プロフィール】
磯部光毅(いそべ・こおき)
磯部光毅事務所 アカウントプラナー・コピーライター。1972年生まれ。博報堂にてストラテジックプランニング局、制作局を経て2007年独立。戦略とクリエイティブの境界を超える横断的なプランニングが得意。著書に『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(共著、宣伝会議刊)。

http://www.isobekoki.com/

寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)
1973年長野県生まれ。1998年ヨリフジデザイン事務所、2000年有限会社文平銀座設立。広告やプロジェクトのアートディレクションとブックデザインを中心に活動。作家として著作も行う。

***************************************