2013年11月の記事を表示しています。

2013/11/30

11月28日は、法政大学さんの方に呼んで頂いて、1時間半ほどの講演&実習。

A

大学のキャリアセンター主催の1,2年生のためのプロジェクト「dクラス」さんにお声掛け頂きました。

学生さんが自分たちが聞きたいを授業を考えて
自ら社会人の人に声をかけて、つくっていくという授業。
僕もツイッター経由で知ってもらって、声をかけられたのですが
僕が大学時代にはなかった授業形式で
いまの大学はなかなか面白いな、と感じる次第。

「ブレイクスルー」の本の内容に即しながら、発想の思考を学びつつ、
そのうち、特に基本的な「連想」「組み合わせ」の思考を楽しく体感してもらう実習をやりました。

大学1,2年生ってどのくらいできるんだろうと、難易度のチューニングを調整しながらでしたが
思った以上に学生さんの理解が早く、非常に興味深く聞いてくれ、また実習も積極的に
取り組んでくれたのでいい授業になったのではないかと思います。
dクラスの学生さんは、授業のプランニングから、運営まで、積極的ですごいなって感じました。
こちらもフレッシュな気持ちになりました!

「最近、セミナーとか講演とか多いよね。」ってよく言われるのですが、まあ、確かに多いかも。
いまは、時間の都合と趣旨が合えば、基本やるようにしてますので。
でも、現場の仕事もそれ以上に多くて、日々ヒリヒリしているんだよね。書けないだけなんだよね、
と思ったりもしますが。まあ、誰でもそうなのでしょうけど。

2013/11/19

10月27日&11月9日の2日間で、
企画発想力養成講座を木村さんと一緒に宣伝会議でやらせて頂きました。

おかげさまで、数ある宣伝会議の講座の中でも最高水準の受講者評価を頂いたということで
きっと少しはお役にたつことを伝えられたのではないかと思ってます。
受講者のみなさま、お疲れ様でした!

レクチャーと実習が交互に繰り返される、サンドイッチ型講座。
タイトな時間の中で、多くの実習を行ってもらう、なかなかタフな内容で、
きっと終わった後は頭がボゥーと熱くなるような感覚になったのではないかと。
にも関わらず、受講者のみなさまには、なにより意欲的に取り組んでもらえたので
中味の濃い講座になったなと思ってます。

来年春先にまた、この講座が開催されることになりました。
日程が決まりましたら、またここでもお知らせします。

きっと受講を検討されている方は、このサイトを見るような気がするので
ここにざっくり今回の講座の流れをさわりだけ書いております。
(次回は若干は内容変更する可能性もあります)

・本講座は、僕たちの書いた「ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる」
を下敷きとした講座です。
受講者の方はあらかじめ、本書を読んできていただくことになっています。

・一日目は、ブレイクスルーとは何かという話からスタートし、
本書で紹介した8つの思考ロジック(2つの街のロジック、6つの森のロジック)を座学で確認した上で
受講者ひとりひとり、自分自身の発想のクセを診断、確認してもらいました。
その後、6つの発想ロジックのワークセッションを集中的に実施。
(ここで時間制限の中でアイデアを出す訓練がよかったという感想を多くもらいました)
最後に二日目に行う実習テーマを発表しました。

・二日目は宿題となっていた実習の発表&講評。
自分たちのプランニングの良い点悪い点を認識してもらうことからはじまりました。
その後、ブレイクスルーの原理をブレイクスルースパイラル(未来図、突破口、具体案)で説明したあと、
チームブレイクスルーの方法論をレクチャー。
最後に再度、今回学んだことすべてを活用してもらうメインのチーム実習を行い、発表&講評を行いました。
(よい所、悪い所を、丁寧的確に講評してもらったのがよかったという感想を多く頂きました)

夜は懇親会。
受講者同士の横のつながりも深めつつ、
プランニングに関する深いトークが続き、深夜まで。

以上です。ご参考に。

2013/11/08

いま発売中のブレーンの12月号で、磯部がインサイトに関して語った記事が2ページにわたって掲載されています。ひと昔前のインサイトではなく、メディアニュートラル時代のインサイト論を話させて頂きました。もしよかったら(買って!)ご笑覧ください。

http://www.sendenkaigi.com/books/back-number-brain/1874

2013/11/06

CA大阪

11月1日金曜
サイバーエージェント西日本さんの方でネット広告についてのセミナーをさせて頂きました。
マス広告中心にプランニングしている立場から見た、ネット広告の可能性についてお話しました。
ご来場の皆様、どうもありがとうございました。

*久しぶりの大阪。さすが!食いだおれの街でした。