2011/08/07

もう8月に入ってしまって、
いまだにカンヌのこと書いているブログも珍しいかもしれませんが、
ここまできたら、今年のカンヌでいいなと思った作品は全部紹介しようと思います!

Musical fitting Roomsです。

clientはStarhub。mobileの会社です。

シンガポールの作品で
DIRECTのbronze等をとってますが、
個人的にはもっと評価されてもいいと思いました。

概要はこちら

【概要】

若者を、自分たちを聴いている音楽で仲間分けしたがるもの。
そして、ファッションでも。
だったら、それらを融合した「ハイパーパーソナルな体験」をさせてあげよう。

場所は洋服屋さんの試着室。
実は、その店で売られている服の「タグ」にはチップが埋め込まれていて
試着室に入ると反応し、その服に合った曲が流れてくるという仕掛け。
しかも、その人のスマートフォンに、その曲名を知らせるSMSまで入ってくる。

16ジャンルの1万曲が流され、
これによって楽曲ダウンロードセールスが121%となった。

【ここがスゴイ!】

「試着室に入ったら、その服に合った曲が流れてくる。」そのアイデアだけで、僕は一発KOを食らった気持ちでした。
ジェラシーを感じたアイデアです。

音楽とファッション。
それは古今東西、切っても切り離せない
人間の嗜好を示すもの。
それをこんなシンプルななアイデアで広告にするなんて。

惜しむらくは、これが洋服屋さんがクライアントキャンペーンだったら
もっとど真ん中だと感じたのですが、。携帯会社の音楽ダウンロードの
キャンペーンだったところが、ほんのほんの少しだけ芯をはずしていたのかも
しれないと。審査員はそういうところがシビアなので、
だから、ブロンズどまりだったのかもと個人的には思いました。

でも、このアイデアのすばらしさは減じるものではありません。
洋服屋さんのキャンペーンでなかったということを逆手にとって、
日本のアパレルショップも、積極的にパクっていいのではないでしょうか。(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Check

Clip to Evernote

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL: http://www.isobekoki.com/interestingads/1289/trackback