2016/03/29

手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略
(宣伝会議)

のアマゾンでの予約注文がスタートしました。
コミュニケーション戦略を7つの流派に分けて、歴史からひも解き、
それぞれのプランニングメソッドを解説した本です。

マーケティング・コミュニケーションを「仕事」にする方、
ブランドマネージャー、担当者。エージェンシーの人、
クリエイター。デジタル業界の方や、そしてCMOにも
絶対に役にたつ内容です!

<amazon内容紹介>

マーケティング・コミュニケーションを「仕事」にする人、必読!

この本は、コミュニケーション戦略をわかりやすく体系的にまとめた解説本です。
コミュニケーション戦略は、マーケティング戦略の一部であるということもできますが、
それでは不十分と思えるほど、その領域は拡大し、重要性は増しています。
以前は広告戦略と呼ばれていたものが、時代に合わせて拡大進化したのが
コミュニケーション戦略です。

では、コミュニケーション戦略とは、具体的に何を指すのでしょうか?
ある人は「ポジショニングのことでしょ」と言います。
別の人は「戦略って、ブランディングでしょ」と言うかもしれません。
また、「今の時代、カスタマージャーニーをつくることが戦略だよ」と言う人もいます。
どれも間違いではありませんが、どれもコミュニケーション戦略のひとつの側面を
語っているだけで不十分。
コミュニケーション戦略には、このように“複数の流派”が併存していているのです。

本書は、コミュニケーション戦略を「人を動かす心理工学」と捉え、併存する様々な戦略・手法を
7つ(ポジショニング論、ブランド論、アカウントプランニング論、ダイレクト論、IMC論、エンゲージメント論、クチコミ論)
に整理し、それぞれの歴史的変遷や、プランニングの方法を解説します。
各論の専門書を読む前に、体系的にマーケティング・コミュニケーションについて学ぶための一冊として、ご活用ください。

(本書は「宣伝会議」の好評連載「手書きの戦略論」に大幅な加筆修正を行い 書籍化したものです)

<目次>
目次
はじめに
いま、コミュニケーション戦略が、いちばん面白い。
プロローグ
コミュニケーション戦略とは、人を動かす戦略。
戦略論は折り重なり、『7層構造のミルフィーユ』になっている。

第1章 ポジショニング論
「違い」が、人を動かす。
~お客さんの頭の中で、競合と違った位置づけを得る戦略

第2章 ブランド論
「らしさ」の記憶が、人を動かす。
~お客さんの頭の中に、そのブランドらしさの連想構造をつくり、記憶に残す戦略

第3章 アカウントプランニング論
「深層心理」が、人を動かす。
~お客さんの隠された本音を探りあて、動機づける戦略

第4章 ダイレクト論
「反応」の喚起が、人を動かす。
~お客さんの直接的な反応を受け止めながら、長期的な関係をつくる戦略

第5章 IMC論
「接点」の統合が、人を動かす。
~お客さんとの複数の接点をつなぎ、最適なメッセージ、施策を出し分ける戦略

第6章 エンゲージメント論
「関与」が、人を動かす。
~お客さんが自ら関わりたくなるような施策を通して、共感しあう関係をつくる戦略

第7章 クチコミ論
情報の「人づて」が、人を動かす。
~ソーシャルメディア上で、情報が信頼と共感を伴なって拡散することを狙う戦略
最終章 7つの戦略論を俯瞰する
「戦略の統合」が、人を動かす。

参考文献
あとがき

アドタイデイズでのセミナーでも、数十あるセミナーの中で
申し込み数No.1だそうです。ありがとうございます!

早めに読んでいただくためにも、予約注文お願いします!
また一人でも多くの方に読んでいただきたい内容なので、
ぜひ、拡散、応援もよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Check

Clip to Evernote

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL: http://www.isobekoki.com/unclassified/2274/trackback